畳の原料は?産地ごとの特徴

畳の原料は?産地ごとの特徴

手触りも良く、香りも良く、日本人にとっての癒しでもある畳。畳はい草から作られていることは有名ですが、そのい草は様々な産地で栽培され、それぞれに異なった特徴があるってご存知でしたか?今回は畳の原料であるい草に着目して産地ごとにご紹介していきたいと思います。

 

い草の一大産地「熊本県」の熊本表

 

熊本県で生産されたい草を使っている畳表のことを「熊本表」と呼んでいます。なんといっても熊本県はい草の一大産地!なんと国内のい草生産高の約9割を熊本県産が占めているんですよ。

 

熊本県内で生産されている畳は着色剤の使用を禁止しているため、畳の色調が揃っているのでとてもキレイな見た目が特徴的です。また強い縦糸で厚く織り込んでいるため、丈夫であることも1つの特徴になります。

 

 

国内第2位「福岡県」の筑後表

 

い草の生産は熊本県だけじゃないんですよ!福岡県内でも広く栽培されており、その栽培面積は国内第2位。

 

福岡県産のい草を使った畳表のことを「筑後表」と呼び、その1番の特徴はい草の柔らかさです。耐久性は少々落ちますが、触り心地は抜群ですよ!

 

 

意外?「広島県」の備後表

 

福岡に次ぐ国内栽培面積第3位は意外かもしれませんが、広島県になります。い草と言えば九州を想像しますが、広島でも多くのい草が栽培されていますよ。

 

広島県で作られた畳は「備後表」と呼ばれ、青みがかった銀白色が美しいと人気を集めています。

 

 

 

以上が産地別に見る、畳の原料「い草」の特徴になりますが、参考になりましたでしょうか?中国産などの安い畳も普及していますが、上記で挙げたような伝統的な国内産のものもやはり魅力がたくさんありますよ!

 

<スポンサーリンク>

関連ページ

和室の畳の色の選び方
和室における畳の色は部屋の印象を決定付ける重要な要素です。今回は畳の色の選び方を紹介しています。
畳のへり選び |色で選ぶ?
畳替えの時などに意外と悩むのが縁(へり)選びです。今回は縁の色に着目して選び方のポイントを紹介したいと思います。
畳の交換費用はどれくらい?
畳の交換費用がいくらになるのか気になる方が多いようなので調べてみました。
畳の数え方
畳の数え方ってどのような言い表しをするのでしょうか?1枚?1畳?どっちなの?という方の参考になれば幸いです。
畳床とは
畳床(たたみどこ)とは何なのか?構造上の観点から詳しく紹介しています。