6畳の大きさ・寸法・広さ

6畳の大きさ・寸法・広さ

6畳の大きさや寸法はどれくらいなのでしょうか?

 

6畳の大きさ

6畳といっても地域や種類によって大きさや寸法は変わってきます。以下がその目安になるかと思いますので参考にしてください。

 

京都、関西方面で使われている規格

京間 (6尺3寸×3尺1寸5分: 191.0cm× 横 95.5cm)×6畳(帖)=10.9443平米

 

名古屋や岐阜などの中京地方で使われている規格

中京間 (6尺×3尺: 182.0cm× 横 91.0cm )×6畳(帖)=9.9372平米

 

関東地方をはじめ全国各地で使われている規格

江戸間(5尺8寸×2尺9寸: 176.0cm× 横 87.8cm)×6畳(帖)=9.2716平米

 

アパートやマンションで使われている規格

団地間(5尺6寸×2尺8寸: 170.0cm× 横 85.0cm)×6畳(帖)=8.67平米

 

6畳の大きさは京間10.9443平米⇒中京間9.9372平米⇒江戸間9.2716平米ですので、東にいくほど小さくなっていますね。まああくまで傾向ですので正確な大きさ・寸法が知りたかったら問い合わせたほうがいいでしょう。

 

畳と帖の違い

ちなみに家の間取りを見ていると6畳だったり6帖だったりと記載の仕方が違っていて、どう違うの?と疑問に思うことがあるかもしれませんね。結論からいえばこれらの違いはかつてはありましたが、今はほぼ無くなっています。なので同じと考えて良いでしょう。

<スポンサーリンク>

関連ページ

タタミ一畳の重さ
家や部屋を選ぶ際に基準の1つになるのに和室にすべきか洋室にすべきかというものがありますね。和室といえば畳です。今回は畳のメリット・利点について紹介したいと思います。
一畳の面積は?
たたみ一畳が面積でいえば何cm×何cmなのか。家の大きさや間取りを見る時に知っておいた方が良い知識ですね。最低限マンションやアパートの面積の把握の仕方くらいは知っておいた方が良いでしょう。
畳の厚さの標準
畳の厚みの標準は何mmなのでしょうか?という疑問にお答えしています。
畳の厚さの種類を知ろう
ゴロンと横になればい草の香りに癒やされる、日本人の愛する畳ですが、実はその厚みにはたくさんの種類があるってご存知でしたか?日本の伝統的な種類から近年人気のものまで様々なものがあるんですよ。では早速畳の厚さについて解説して参ります。
畳の大きさの違い
畳の大きさの違いについて解説しています。どうして畳の大きさに違いがあるのか、その経緯や理由について解説しています。
畳の構造は快適さを生み出す
独特の心癒される香り、寝転んだ時の心地よさ、これらが畳の良いところですよね。実はこれらが生み出される秘密は畳の構造に隠されているんですよ!今回は畳の構造について徹底的に解説していきたいと思います。
畳の上をスリッパはマナー違反?
お宅にお呼ばれした際に、通された部屋が和室だった時、あなたはキチンとマナーを守ることができますか?和室には意外と知らないマナーがあります。いまさら聞けない!そんな畳に関するマナーを特に重要な2つをご紹介いたします。