畳の文化や歴史

畳の文化や歴史

畳と言えば、日本において長い歴史があり、日本人の心にもなるほど愛され続けていますよね。そんな畳がもつ文化や歴史について今回はご紹介していきたいと思います。

 

畳の文化は奈良時代に始まった!

 

現存する最古の畳はなんと奈良時代のものなんです!実際に奈良の正倉院に保管されていますよ。現在使われている畳とは原料などが少々違っており、真薦と呼ばれるもので畳床を作り、その上にい草で作った現在の畳表にあたるものを乗せたものが使われていたようです。

 

その後の平安時代頃までは、貴族達が座布団として使用したり、畳をベッドのように寝具として使うことが多かったようで、今のように和室に敷き詰めて使用するのは次の時代からになります。

 

 

鎌倉時代になると現在の使い方に近づきます

 

そして、鎌倉時代になると建物の造りが「書院造」と呼ばれるものになります。これと時を同じくして、畳を床材として使用するようになり始めました。現在の畳の使い方にここで近づきました。

 

鎌倉時代ではまだ貴族や武家、お金持ちのみ、このような畳を使っていました。

 

 

庶民に普及し始めたのは安土桃山時代

 

安土桃山時代になると、やっと庶民(町人)の家にも畳が使われ始めました。それでもどの家にも畳があるという訳ではなく、ごく一部だけだったようです。

 

庶民に広く畳が普及したのは、江戸時代中期以降になります。そして農村でも普及したのはなんと明治時代に入ってからなんです。意外と最近な気がしますよね。

 

 

以上が畳の文化・歴史になります。奈良時代に畳の原型が作られたというととても長い歴史を感じますよね。少しずつ時間をかけて日本人の生活に馴染んでいった畳の文化、これからも大切にしていきたいですね!

 

 

<スポンサーリンク>

関連ページ

畳のデメリット
畳の醸し出す和の雰囲気は非常に落ち着きますが、一方でデメリットも存在します。今回は畳を使う上でのデメリットを紹介しています。
畳ダイニングのデメリット
畳ダイニングのデメリットを紹介しています。下に収納が作れたり、リビングのソファ変わりになったり・・・色々メリットが多い畳ダイニングですがどのようなデメリットがあるのでしょうか。
縁なし畳のデメリット
縁なし畳というのはその名の通り縁がない畳のこと。おしゃれ感やカラーが自由に選べるなどのメリットから最近普及してます。琉球畳とも呼ばれています。今回は縁なし畳のデメリットを紹介しています。
畳のダニ対策
ダニの好む環境である畳。今回は畳にダニが大量発生してしまう原因や対策について詳しく紹介しています。
畳の上に赤ちゃんは問題ない?
赤ちゃんを和室で過ごさせる場合の注意点について解説しています。【畳のデメリット】にて解説した通り畳というのは利点もある一方でダニやほこりなどが多いというデメリットもあります。赤ちゃんを和室に置くのなら気になる人もいることでしょう。
畳アレルギー対策
畳の部屋にいると手足がかゆくなる、気持ち悪くなるという経験はないでしょうか。それはアレルギー症状の可能性があります。今回は畳によるアレルギーの症状や対策について解説しています。
畳の匂い効果が
畳に寝転ぶと心身ともにリラックスできた、なんて経験をされた方は多いのではないでしょうか?畳に使われているい草の匂いはとっても癒される香りですよね。実は畳の心地良い香りにはリラックス効果だけじゃなく、様々な効果があるとされているんですよ!今回はその嬉しい効果について詳しくご紹介してまいります。
和室で喘息が起きるのは畳のせい?
和室で生活すると喘息が起きやすくなる、そんなことを聞いたことはありませんか?今回はなぜそのように言われているのか原因を解説するとともに、知らず知らずのうちにアレルギー源を増やしてしまっているある行動についてご紹介して参ります。